Return to site

5/26

気仙沼市〜岩手県陸前高田市

· 旅日記

陸前高田市の「鶴亀鮨」にて。なんだ、この紙テープは?

今日、僕(寄本)は別件取材で現地を離脱していたので、詳しくは、堤さんのFacebookレポートにて!

https://www.facebook.com/kenichi.tsutsumi.7/posts/1848351835227994

ちなみに、鶴亀鮨の旅人歓迎セレモニーは、「ナイアガラ」と呼ばれているそうで、地元の人たちにも有名でした。

一景閣

今日のドライバー権サポーターは、小林康男さん。

前夜、旅のドライバー堤さんと同じ、気仙沼の一景閣にチェックイン。
 

宿の板さん&そのご友人と記念写真からの、EVスーパーセブン被災地めぐりがスタートです。

宿の壁に、津波の高さが記されていました。

気仙沼魚市場

宿泊した一景閣の目の前にある魚市場を訪ねてみました。
 

津波に呑まれた気仙沼も、活きのいい場所から着々と、気仙沼らしい活気を取り戻しつつあります。

陸前高田へ到着

小林さんの運転で、陸前高田に到達!

鶴亀鮨は、もうすぐ「まちなか広場」の商店街に移るそうです。

旅に復帰した寄本が撮影した、夜の気仙沼。2013年の陸前高田は真っ暗でした。
 

陸前高田では、東日本大震災当時、約2万4000人の人口のうち、1750人以上の方が犠牲になりました。真っ暗に流されてしまった町に、少しずつ、灯りが戻りつつあるようです。

宿泊したホテルの周辺に震災遺構などもありましたが、即席のライトアップを試みるのが畏れ多く感じられ……。
 

奇跡の一本松のライトアップ with ほぼ満月 を撮影してみました。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly